歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

ありがとうございます

P041_009r2s.jpg


ふと考えるとこんな女装子(子って年じゃないけど)の
ブログをたくさんの人が見にきてもらえるなんて幸せですね

女装で外出するようになる前は、
自宅やSMクラブとかの限られた場所だけで
あくまでひっそりと楽しんでました。
その時は性的興奮の為の女装でしかなかったけどね。




それが

"歩惟"として外に出る、
"歩惟"として人と関わる楽しさを知ると、

自分を、自分の気持ちを表したいって気持ちが強くなりました。


P041_017s.jpg P041_028s.jpg P041_031s.jpg


最初は MixiやT’sといったSNS(今も続けてますよ)
そこでの日記ですね。

日記の為に写真を撮ったり、
新しいことに挑戦したりもあったかな(笑)

学生の頃は日記なんて続いたこともなくて、
文章を書くこと自体避けてたのにね。

写真も撮るのは好きで数少ない趣味みたいなものだったけど、
自分が撮られるのは だいっキライでした。

それが今では、

どんなけ自分が好きなんって言われそうなくらいだよね(笑)



P041_058s.jpgP041_062s.jpg
P041_065s.jpgP041_075s.jpg


今回はパンストで~す
気に入ってもらえるかなぁ~(#^.^#)


 P041_035s.jpg  P041_040s.jpg


 私の写真でオナニしてもらえるなんて最高に嬉しいです


P041_153s.jpg

P041_161s.jpg

 あなたのお顔に押し付けちゃう?

P041_162s.jpg

P041_166s.jpg

P041_167s.jpg



チャッピーさん いつもコメントありがとぉ~


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

悶え声が聞こえますか?

前回の続きです

撮影がすすんでいくと身体も熱を帯びてきます。

P042_141r2s.jpg

P042_145r2s.jpg

P042_151r2s.jpg 

P042_154r2s.jpg

ある方からアドバイスをもらった腕を頭の後ろで組むポーズ。

昂ぶり過ぎちゃってそのままでは出せなくなっちゃって、
写真の一部に修整をしました。

鏡に写る自分の姿、写真を撮っている(撮られている)ことに、
こんなにも興奮してしまうなんて。。。

心の中の熱い悶えが、この写真で感じてもらえてるかなぁ

P042_182r2s.jpg

P042_187r2s.jpg


同じ場所での撮影だから、
ポーズくらい工夫しなくっちゃいけないんだけど、
もっとグラビアとか見て研究しなくっちゃダメですね




PageTop

私のフォトスタジオ

P042_004s.jpg P042_009s.jpg

いつも着替えてるルージュのメイクルーム
そこのロッカーとトイレのドアに囲まれた小さな空間が
今の私にとって一番身近で大切なフォトスタジオ


P042_033s.jpg P042_052s.jpg

着替え終わって出掛ける前に、
時間があって他に人がいないとき撮ってるの

P042_057s.jpg


姿見の前に椅子を置いて、
その上にミニ三脚をつけたコンパクトカメラをセット。

鏡に自分の姿を写しながら10枚連写で撮影です。


P042_061s.jpg P042_068s.jpg P042_077s.jpg

P042_083s.jpg P042_087s.jpg P042_089s.jpg


連写といっても少し間を開けることができるので、
ポーズを変えることができるんです。



PageTop

弱ぁ~い


N88_145s.jpg N88_140s.jpg

おだてやお世辞だとか、、誰にでも言うんだろうなぁって分かってても、
面とむかって「可愛い」とかって褒められると嬉しくなっちゃう

N88_177rs.jpg


それだけで幸せな気持ちなれちゃうなんて単純でしょぉ
通販じゃなくてブティックで買うのが楽しいのも、
お店のお姉さんのお上手言葉を聞きたいからかもね(笑)

N88_157s.jpg


私の写真にムラムラしちゃった、とか、××××したいとかって、
男の人のエッチな言葉も、恥ずかしかったり、
なんて答えたらわからなくて困ることあるけど、やっぱり嬉しいの。

嬉しくてもっとお洒落とか頑張ろうって思えるものぉ





PageTop

4年がたちました

N83_139rs.jpg N83_140rs.jpg


今年の夏で女装(メイクして外出)するようになって4年がたちました。
下着女装で十分に満足してた私がメイクまでの女装をはじめたのは、
それまでと違う自分を見つけたかったから。

自分を変えたい、今までの生活に変化が欲しいって思ってたときに、
ある女王様にたまたまメイクしてもらったら、
頑張ったら何とかなるかもって思えたからなの。
その日が4年前の8月3日。

N83_142rs.jpg 


全くの手探りで始めたメイク、おもにネットで基本を勉強して、
なんとか友達に見せられるかなってとこまで行ってからは、
純女さんにアドバイスと手直ししてもらって覚えていきました。
服もそう、どこで買ったらいいかも悩むんだけど、
コーディネートにはずいぶん悩んだよね、今もだけど(笑)

体型を隠す、カバーする、、どうやったら不自然さがなくなるかが、、
ううん、どうやったら人に笑われないですむかが最初のテーマだったかな。
でも、女装子さんしかいないようなトコだと、
かなりヘンな格好してても殆ど誰もツッコむことがないけど、
外を歩くと周りにいる人みんなが、ヒソヒソ囁いてるように思えた。
「ほらあそこ、汚い女装が歩いてる、、、」


N83_160rs.jpg


今でもそんな意識にとらわれちゃうことが時々あるけど、
前と変わったのは、オカマや女装と言われてもいいと思えるようになったこと。
お店で働いてるプロのオカマって思われるなら十分嬉しいし、
頑張ってお洒落してるって思われれば、なお嬉しいなぁ。

だから回りに溶け込むように、年相応(笑)で地味な服で我慢するより、
自分の好きなスタイルでお洒落して出掛けたいって思ってるの。

普段、男性の姿で暮らしてる私にとって、
女装する日はすべてイベントのあるようなハレの日。
普段着や、お仕事帰りの人達からだと浮いてたって仕方ないよね。

と、、言い切りたいんだけど、
周りから浮いてても凛としていられるだけの自信は、まだまだ無い私なのでしたぁ

N83_119rs.jpg N83_133rs.jpg

PageTop