歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

淫牝姉妹【18】

N94_805rs.jpg



柔らかなお尻をがしっと掴み、
アナルに舌をねじ込むようにぐりぐりと突き刺す。

「あぁっ、いぃ~
 おまんこ感じますぅ」

執拗にぐりぐりっ、ぐりぐりっと
身体の中のものを舐めだすかのように舌をねじ込み、
尻の肉をえぐり取るかのように爪をたて、
掴む指にありったけの力を入れる。

「ひいぃ~っ、いゃぁ~」

叫びをあげるミオを横倒しにして仰向かせると、
顔に腰を下ろしてお尻を押し付け
脚で逃げられないように固定する。

「ほら舐めなさい、私のおまんこ。
 舐めたいんでしょお」

息苦しそうに呻くミオの顔の上て揺する。
そしてミオの胸を乳首を捩りあげる。

ミオの下半身が息苦しさと痛さで跳ね回る。
逃げようとする腰を私が押さえにいく隙をついて、
ぜいぜい呼吸するとミオは反撃にでた。

片方の手で私のペニスを扱き、もう一方で指をアナル捩込んでくる。

「お姉様のおちんちんも、もう濡れ濡れ~
 私より濡れてるぅ」

「あぁ~ん、ミオ
 あぁもっと掻き回して~
 もっとしごいて~」

私はそう叫ぶと目の前のミオのペニスにむしゃぶりついた。
厭らしく愛液で濡れ光ったペニスを舌全体で舐めまわし、
根元まで咥え込むと、中身を吸い尽くそうと
頬をへこませて思い切り吸う。

ぶひゅ、ぼひゅっ、じゅりゅぅ

「あぁっ、あぅっ!」
厭らしい響きと、ミオの喘ぎが重なりあった。



身体を起こしてテーブルの上の双頭バイブを手に取ると、
ミオの目を見つめながらバイブを舐めだす。
するとミオももう一方から舐めだした。
そのまま二人でバイブを舐めながら立ち上がり、ベッドへ上る。

向かい合い脚を開いて座ると私が先にバイブを挿入する。
そしてミオもゆっくりと自分のアナルに埋めると、
脚を互い違いに重ね、二人の股間がくっつくまで寄せ合った。

「あぁ、ミオぉ、 繋がってるわぁ
 メス二匹でいっぱい感じあうのよぉ」
「あ、ぁ、はぃ、レイさん」

ゆっくりとお尻をゆするとペニス同士もこすれあう。
お互いの乳房をもみ合いながら、ディープキス。
相手の舌を奪い合うようになキスに頭が痺れていく。

ビーーン、ブゥィーン、ビーーン、ブゥィーン、

スイッチを入れたバイブが二人の体内で暴れだした。
ぐりぐりとうねって肉壁をこすられると、
内臓をかき回されてるような感覚に吐き気すら催し、
激しい震動で腰骨が砕かれるような痺れが、
下半身から背骨を通って全身へとひろがっていく。

「くふぅぅっ、レイさん、すごいっ
 ゆるめて・・、ゆるめて下さい・・はひぃぃ」
「ああぁう、ダ、ダメよ、ミオ。 耐えるのぉ、、
 すぐよぉ、、あはぁぁぁっ」

身を震わせて悶え喘ぐ二人のペニスの先からは、
流れるほどに淫らな愛液があふれ出ている。
二人の亀頭をあわせて掴むと、
手のひらに愛液をなすりつけ撫で回す。

「あひぃぃっ だめえぇ ああぁう」

あまりの快感に仰け反って頭をふってよがるミオ。
私も頭まで痺れる快感に身体の制御がきかなくなって
無我夢中で二本のペニスをまさぐり叫ぶ。

「あぅっ、あぁ、ぅ、
 オマンコ、おちんちん、、みんな、
 気持ちいいでしょぉ
 もっとぉ、もっと狂うのぉ、ほらぁぁっ 」

ビッビーーン、グィーン、ビッビーーン、グゥィーン、
スライダーをMAXにして、ペニスも激しくしごく。

「うぅっ、ぐぅぅ、うぐぅぅ、
 あひぃぃっ だめえぇ ああぁう
 だ、だめ・・・だめだめだめぇーっ い、ぃ、、いっ!」

叫んだミオのペニスから精液がドクドクあふれてくる。
あふれ出すのもそのままに、私のペニスをしごき続ける。

「あぁぁ、私も、、、私も」

バイブを抜いて立ち上がるとぐったりとなってる、
ミオの顔にミオの精液まみれの手と、ペニスを擦りつけ、
口元で激しくしごきはじめる。

すぐに下半身から頭へと焼け付くような痺れが届く。

「あっ、あくっ、あっ、ぃ、いっ、出る、、ミオっ!!」

最後の叫びとともにミオの口に、鼻にへと精液を撒き散らした。
ミオは顔についた二人の精液を口へと集め、
集めるのに使った手をうっとりとしゃぶりはじめる。

私も全身を駆け巡った快感に恍惚となり
ミオの精液にまみれた顔をなめて綺麗にすると、
お互いの精液と唾液が混ざり合ったものを、
口から口へと受け渡しあって楽しんだ。





《つづく》

N94_808rs.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あたしも牝犬になりたいです

まみる | URL | 2012-08-11(Sat)09:34 [編集]