歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

言い合い

P112_021s.jpg


金曜日は出張帰りのカレと十三駅前の立ち飲みワインバーで待ち合わせ。

カレは異動がきまって親しくしていたお得意先さんへの挨拶回りの後でした。
目がうるうるしてるように見えて、泣きそうな、淋しそうな、始めて見た表情。
そんなことないって言ってたけど、カレの異動をとても惜しんでくれてるというお得意先さんの話を聞くと、
やっぱり釈然としなかったり辛く寂しい気持ちがいろいろなんだろうなって思った。


P112_002s.jpg


こうして思い出してると、そんなカレの様子に気付いていたんだから、
こんなこと話すんじゃなかったと思うんだけど、、

先々週、ここのワインバーで一緒に飲んだ男性のことをカレに話したんだけど、
その人のことを意識するカレと言い合っちゃったんです。
ケンカって言うほどじゃないんだけど、
私にとってはカレとは比べものにならないほどの人へ、
対抗したい?みたいなことをカレに言って欲しくなかったんです。
気持ちを吐き出しあうと、その日会う前には、
ワインバーでちょっとだけ飲んでホテルに行こうって話してたけど、
そんな雰囲気じゃなくなってルージュに行きました。

ルージュへ向かう道すがら、今までお付き合いした人とこんな気持ちのぶつけ合いすらしてなかったことに気付きました。
過去の恋を卑下するわけじゃないけど、
今までは恋に恋してたようなところが大かったような気もする。
歩惟として男性に好きになってもらえる、
歩惟として男性を好きになれる、
相手に尽くしたい、相手に悦んでもらいたいって
私の小説の妄想みたいな、そんなだったかもって。

気持ちがいき違うことなんて普通にあることなのに、
今までこういったやりとりが無かったのってなんだろう。


カラオケでラブソングを歌いながら涙をこぼしたカレの姿につられて、
私もアンサーソングを歌ったら涙がこぼれちゃった。


カレのことをますます好きになった夜でした。。。

P112_012s.jpg

P112_006s.jpg
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。