歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

痴女装レイ【B-012】

tiRyb012.jpg

【B-012】

「ママってすごいね。女なのに射精もできちゃうんだ。」
「あれは潮吹きって言うの。人によるけど出ちゃうことあるみたいなの。
 ごめんね。いきなり飲ませちゃって。愛する娘に飲ませるなんて、ママってほんと変態ね。」
「ううん、すごく嬉しかったよ。愛するママから出たものを飲めたんだもん。
 ママが私のザーメンを飲むのが嬉しい気持ち、良く分かった。」
「ああっ、レイ!」
大きな胸にぎゅっと抱きしめてくるママ。

少しだけ休憩でママはすぐ元気。私は腰に力が入らないようなのに。
でもママのフェラチオは私のペニスをすぐにビンビンにさせるの。
するとすぐに四つん這いになってお尻を突き出した。
「あぁん、レイ~。 ママのアナルを見てぇ~」
「わぁ、ひくついてるみたいに動いて見えるよ。」
「ママすっごく淫らだから、レイのおちんぼが早く欲しくてひくついちゃうの。」
「いやらしいんだからぁ。そんなママが大好きよ。」
アナルを舐めてあげると私のときに塗ったクリームなしでいいからと急かすの。
唾のすべりだけで大丈夫かなと思いながら亀頭を押し当てると、きついながらに入っていく。
「ママ、きついけど痛くないの?」
「あぁ、、きついわ、、んっ、でも、きっとさっきのレイちゃんほどの痛みじゃないし、
 娘のおちんぼが入ってくるきつさを楽しみたいの。すごく感じてるの。
 レイは、、どうなの。おちんぼ気持ちいい?」
「うん、、喰いちぎられるみたいだけど気持ちいいの。でも動いたらすぐに出ちゃいそう。」
「いいわ、好きにだしなさい。」
ゆっくりと腰を動かし出した。腰のふりがぎこちなさすぎるけど闇雲に動かすしかない。
やっぱりすぐに射精しそうな感じが湧き上がってくる。
「ああ、やっぱりすぐ出ちゃう。」
ぐんっ、ぐんっ、ぐんっと4、5回勢いよく動かすとママの中に噴出してしまいました。
アナルから引き抜くとママはすぐにフェラチオし始めました。
ママの絶妙なテクニックで次第に大きくなっていきます。
「うふふ、いつも2、3回ママのお口に出してるじゃない。次が本番よ。」
完全に勃起させるとそう言って、またお尻を突き出します。
ザーメンで濡れたアナルは、さっきより少しだけ緩くなりました。
さっきより射精しそうな感覚もかなり減り、何度も腰を振るうちにリズムも
とれるようになってきました。
「あぁんっ、いいわ。でも、ゆっくと先から根元まで動かくこともしてぇ。」
ママに教わってストロークやリズムの変化をつけるとママが喘ぎだした。
「んっ、うんっ。いい、あん。」
「ママ、私も気持ちいいっ。あぁ、ママの顔が見たい」
体位を正常位に変えるとママの美しい顔が見える。
ママの大きな胸が揺れるのが見える。
その美しさエロティックさに、動きを止めて囁く。
「ママ、綺麗。すごく綺麗よ。」
「あぁん、レイもとても可愛いわ。こんな可愛い娘に犯してもらえてるなんて、ママ、凄く幸せよ」
「ああん、ママぁ」
下半身で繋がったまま抱き合い、キスを交わす。

スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。