歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 ご主人様 】(1)

N41_058rs.jpg


【 ご主人様 】(1)


「いらっしゃいませ」

指示された、駅前のマンガ喫茶に入ると、
受付の若い男性スタッフさんに声をかけられました。

「当店のシステムはご存知ですか?」

「はい、1時間の利用で広い個室をお願いします。」

受付を済ませ伝票を受け取ると、伝票の性別欄が
【女性】となってる。 女性って見られて嬉しいな。

コツコツとピンヒールが床を打つ音が静かな店内に響く。
目立ちたくないんだけど、
スーツでこんなとこくること自体目立っちゃうかな。

とった席はここで一番広い個室席で、
シートの周りがゆったりしてて、もう一人入っても余裕なくらい。

ジャケットをハンガーにかけて座ると、
ドキドキして震える指で携帯のメールをチェック。

《個室に入ったら通路側に椅子を向け下着だけで座ること。
 シート番号をメールして、アイマスクを着けて待ちなさい。》

そんなぁ、個室の仕切りはそんなに高くなくて、
背が高い人が来たら上から覗かれちゃいそうなに。
こんなとこで下着だけになるなんて…




周りの個室から聞こえてくるシートの擦れる音、
咳ばらいやキーボードの音が耳に届いて、
まわりに人がいっぱいいるってわかります。

心臓の音が大きく響くのを感じながら、
タイトミニのサイドホックを外しジッパーを下すと、
ジッパーがチィィーーと小さな音をたてた。

(あっ、聞こえちゃう)

あわてて動きを止めて周りの様子をうかがいます。

(だ、大丈夫みたい)

しばらく周りの様子に変化がないのを確かめた。
スカートとキャミを音をたてないよう慎重に脱ぐと、
身に付けてるのは下着とハイヒールだけ。

ブラジャーとショーツとガータベルトはお揃いの赤。
足元はガータベルトで吊った黒いストッキングと、
黒く艶めくエナメルのピンヒール。

椅子を外に向けて座ると戸の下が大きく空いてるから、
外の通路と、その向こうの個室が見えます。

ハイヒールが目立たないように腰をひねって座りました。
座るとすぐに足音が聞こえてきます。

誰かが近づいてくる、、
誰?、ご主人様のはずはないと思うけど、、
先に来られてたのかな?

恐れと期待で足が震えて無意識にを抱えこませる。
息をひそめていると立ち止まることもなく通り過ぎました。

でも前を通り過ぎる瞬間、
男性らしき足元がチラッと見えてドキっ。

足の震えが静まるのをしばらく待ってから、
シート番号をメールしてアイマスクをつけました。
視覚をふさいだせいで色んな音が、声が、聞こえてきます。

見ろよあそこ! すっげー変態。
しかも、男、オカマだぜ
ひきずりだして警察に突き出そうぜ!
その前に遊んでやろうぜ。
縛りつけてケツの穴にぶち込んででみろよ
この変態オカマ、ひぃひぃ言って喜ぶだろうぜ

そんな妄想の声が堅く閉じた太腿の付け根を熱くさせる。
下向きに納めたおちんちんは服を脱いでるときから硬くなって、
先っちょを包んでる股布が濡れてるのも確かめなくても分かる。
ヌルヌルの先走り汁がシートに染み出しそう。

ご主人様、早く、早く来て下さい


《つづく》



N41_063rs.jpg
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。