歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

痴女装レイ【B-043】

tiRyb043.jpg

【B-043】

バイブを抜かれ、縛られたまま大きな浣腸器の先をアナルに突っ込まれた。
「これも欲しいだろう?」
「はい、、いっぱい入れてください。」

先生はノブオが持つ洗面器から白い液を吸い込んでは私の中に注ぎ込んでいく。
「あぁっ、苦しいぃ、、ああぁ、、気持ちいぃっつ!」
お腹が張り詰めていく苦しさが増していくと快感も増していく。
噴射するように出す排泄の恥ずかしさを感じたいって気持ちすらも、、、
緩んでしまった私のアナルは浣腸器を抜かれると我慢しきれず漏れてしまう。
アナルにした栓すらも抜けそうなので、ノブオはバケツを片手にアナル栓を抑える役目をしなければならなかった。
先生のまだ柔らかさの残る、それでいて既にとても大きなペニスを咥えさせられた。
喉を塞がれるほど押し込まれ、餌付き、咳き込みながら涎を垂れ流す。
「うっぐぐっぅぅぅ!  うぐっ、ううっ!」
垂らされた蝋燭に乳房を、お腹を、ペニスを真っ赤に染め上げられ、熱さと苦しさと快感に、呻き、全身を震わせた。
「ぐがぁっ! ぐぅっ!!」
蝋で真っ赤になった乳房を平手打ちされ叫んだ。
「あああああっ!! いやぁぁっ!」
痛さ、息苦しさにペニスを吐き出し、大声で泣き喘ぐのたうちまわると、ノブオが押さえていた手を外れアナル栓を吹き飛ばし、目の前が白くなるほどの快感を感じながら白い液を大噴出しはじめた。

噴出の勢いが弱まると、先生は私を縛られ片足りのままで犯しだした。
硬く張り詰めた先生のペニスはとても大きく、腰が当たるまで差し込まれると、身体の奥の奥まで貫かれてるように苦しく、頭の中まで焼け付くような快感に痺れる。
まだ体内に浣腸液が残ってるのかぐちゅぐちゅ厭らしい音が鳴る。
奥まで抉っていたペニスを引き抜くと、ぶっしゅっと体内に残っていたものを噴出し先生の腰を白くする。
ふひぃぃ、、恥ずかしい空気の漏れる音をたて、閉じきらないアナルからどろりと浣腸液が垂れ流れた。
「あぁっ、もっと、、、パパ、、もっと犯して、、もっと狂わせて、、、。」
暴風のような快感に意識を犯されて、言ってはいけない言葉が漏れた。
ママからそうだとは聞いていなかったけど、ママが一番愛して、服従していたのが洒井先生だと分かってた。
「知っていたんだね、レイちゃん。そうだ、僕がレイのパパだ。
 美穂にペニスのついた淫らな娘が欲しいと言ったのが僕だ。
 パパのちんぼでもっと犯してあげるよ。もっともっと淫らに、変態に悶え狂え。」
半開きのアナルにパパのペニスがずぶりと突き刺さり、一気に奥深くまで貫かれた。
「あひぃぃぃっ! あああっ!」
すぐに激しいストロークが始まる。
ずるり引き抜かれるのを感じるほど腰を引いては、腰を打ち付けるまで深く肉杭で貫かれる。
「あああっ、、あああん、、ああああっ!! 」

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する