歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

【 ご主人様 】(6)

N38_137s.jpg



【 ご主人様 】(6)  《最初から読む》


建築物の設計や構造計算に携わってる私の勤め先は服装もかなり自由だし、
就業時間もノルマだけこなせば自分で調整できるんです。
在宅の社員も何人もいるので事務所にいる社員もまばら。


携帯のメルアドをお伝えしてからは一人暮らしの家だけでなく、
仕事場にもご主人様のメールでの指示が届くようになりました。

”今身に付けてるショーツとブラの写真を送れ”

ご主人様の指示で仕事先でもセクシーな下着を身につけてます。
ただ通勤時の混雑した電車で不意に勃起して痴漢騒ぎになっても困るしと、
最近流行りのスタイルアップ用のガードルを重ねています。
パンツは前からはいてるレディース用のスキニーフィット、
お尻にピタリとしたものなので気持ちいいんです。
シャツはさすがにブラがうつらないよう大きめなサイズで、
だいたい無地かシンプルなデザインのものをダボっとはおる感じで着てます。
女性でも通用するショートヘアに、
近眼用でしてるゴツめのフレームの眼鏡がアンバランス。
パッと見たら、男、女、どっちに見られるかな。


人気の少ないフロアのめったに使われないトイレ入り
個室でパンツとガードルを下ろして写真を撮ります。
今日の下着は気に入って頂けるかな。

”今日もエロい下着で気分だしておっ立ててるじゃないか”

(ご主人様からのメールが届くだけで感じちゃうのに)

”淫乱汁まみれのちんぼがショーツがはみ出してる写真と、
 ブラを上げて乳首を弄ってる写真を撮れ”
そうして、指示はエスカレートしていきます。

私の返事が遅すぎるとこんな淫らな指示が届いたこともあります。

”ショーツのままセンズリしてイって、
 自分のザーメンでショーツをドロドロにしろ。
 写真を送ったら自分のザーメンをすくって味わえ。
 味わってる写真も送れ ”

’あぁ、そんなこと無理です、ご主人様お許し下さい’

”俺のちんぼ女奴隷になったんじゃないのか
 なりたいって懇願したの忘れたのか”

’わかりました、
 アイこれからお慕いしてるご主人様のことを想いながら、
 オナニー、、いえ、
 アイの厭らしくも硬く大きく勃起したおちんぼをセンズリします ’

後の写真のことを考えてアイラインとルージュだけの最低限のメイクをすると、
トイレの個室の中で下着だけになってオナニーを始めるのです。

あぁ、ご主人様、会って直接ご指示をください。
ご主人様のお好きなように淫らなアイを苛めてください。
左手の指をご主人様のちんぼだとしてフェラチオしながら、
ショーツからはみ出るおちんぼを弄ります。
溢れ出てる先走り汁をローションとして、
亀頭に塗りたくり右手で先をくるんでるしごきます。

あぁぁ、ご主人様のおちんぼ美味しいぃ、
あっ、あぁぁぁ、あ~ いっ、
はぁぁぅんっ、だめぇ
ご主人様、いっちゃうぅ あぁぁ
あぅっ!

びくっ、びくっと脈打ちながらザーメンを手の中に放ちました。
手からこぼれたものが、おちんぼとショーツを汚します。
左手の携帯電話で汚れた股間を撮影すると、
自分のザーメンまみれの右手からザーメンを舐めとる写真、
かき集めたザーメンを口の中に溜めた証拠写真を撮りました。

定期的に届くご主人様のメール着信に気づくだけで濡れだし、
綴られた命令にしたがうことで激しくイク日々をあたりまえとなって、
気付くと始めてのメッセージから3ヶ月ほど経っていました。

ご主人様と呼ばせて頂くようになってすぐ、
私のそんな環境を伝えると、あるクリニックを紹介されました。
そこでご主人様からの紹介だと告げるとすぐに定期的なホルモンと
プラセンタ注射、それと数種類の内服薬を摂るようになりました。
もともと錠剤でも摂取してたこともあって、
バストはAカップくらい、お尻も少し張りと丸みがでてきたみたい。
肌も見違えるように滑らかになってきたけど、
ご主人様好みの淫らな体質に変わるための処方のせいで、
ちょっとした刺激ですぐに勃起してしまうになり、
射精したときのザーメンの量も回復力も前とは比べられないほどです。


そして、やっとご主人様にお会いできることになったんです。


《つづく》

N38_148s.jpg
スポンサーサイト
[PR]

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。