歩惟(あい)の妄想と現実

エロいこと大好きな歩惟のブログです

【 ご主人様 】(30)

N57_048rs.jpg


【 ご主人様 】(30) 《最初から読む》


昇った快楽の高みから気が少し落ちついてぐったりしても、
ご主人様が腰の動きが始まるとすぐに昂ぶり始めます。
一度昇って火が点いた私の身体は快感にとっても敏感になってる。
柔らかくなったアナルはご主人様の太さに少しなれ、
焼け付くような痛みではなく全身の快感が燃えたつとともに、
ご主人様のおちんぼを締め付ける。

『おぉ、きついな
 アイのケツ、俺のに噛み付いてくるじゃないか
 そんなに食いたいか 』

「はぁぁ、はぁ、
 はぃ、お腹いっぱいぃぃ、
 食べたい、、あぁぁっ、ひぃぃっ!!」

乳房を鷲掴みにされた痛みに最後が途切れます。
胸が焼け付くような痛みもすぐに快感にかわってしまう。

「あひぃっ、おっぱい感じるぅっ!」

強く揉みしだかれてる乳房に汗が浮き出る。
ご主人様のおちんぼに身体の内部を貫かれかき回されながら、
乳房を強く揉みしだかれると波状的に大きな快感が襲ってくる。
もう、さっき逝ったときの絶頂感が普通の快感だったと思えるくらい。

『今度は乳首で逝け!』

ご主人様はそう叫ぶと私の乳首を思いっきり捻じりあげました。
強く捻じりつぶされた乳首から雷撃のような痛みと快感が全身に走ります。

「ひぃぃっ!、 いゃぁぁ! 
 あぁぁぁ、あぁ、あぁ、だめぇぇ 」

その激しすぎる快感に頭をガクガクふって悶えまくります。
容赦無い乳首への責め、その激しい痛みすら快感となってしまうなんて、
もう、感覚がおかしくなってきてる。

「いぃぃぃっ、ひぃぃい!
 ちぎってぇっ! ちぎってぇ~! 」

激しく身をよじり背中を痛いほど反らせて泣き叫ぶと、
快楽の嵐の中で身体がぴくぴくと痙攣し、頭の中がまっ白になりました。


ふと気づくと、ご主人様が見つめています。
私が正気に戻るまでそのまま待っていてもらえたんです。

ご主人様のおちんぼも剛直そのまま。
口からは涎が流れてるのに気付いて手で拭おうとすると、

『淫らに乱れまくったアイの顔、好きだよ』

ご主人様はそう言って私の涎を舌で拭ってくれるんです。
私の中から熱いものが湧き上がってくるの。

「私も、、私もご主人様が大好き、、
 ご主人様の為になら私、なんでも・・・あぁ、
 これからもご主人様の奴隷の一人でいさせて下さい 」

『いいぞ、アイ
 アイに与えてやれる時間は限られてるけど、
 おまえがもっと俺好みの淫乱ちんぼ女になれるなら、
 これからも俺をご主人様と呼ぶのを許そう 』

「あぁ、嬉しい! 嬉しいです、ご主人様!
 アイ、もっと淫乱になります。
 まわりの男を欲情させるような淫乱ちんぼ女になります」

私の宣誓が終わると、ご主人様は激しく腰を叩きつけ始めます。
激しい絶頂のあとで弛緩していた私の身体にまた火がともる。
ご主人様の猛々しく反り返った太いおちんぼに、
内臓が躍るほど奥深くまで激しく突き上げられると、
ふたたび激しい快感が全身を多いつくしてきます。
叩きつけるだけでなく串刺しのまま腰をぐりぐりと回転させると、
私を支配する淫靡な快感に顎があがって体が震えます。
自然と胸を押さえた手のひらに今もじんじんとしてる乳首が触れました。
ご主人様に強く捻られて漏れ出したリンパ液に濡れてる乳首を、
今度は自らつまみ上げて苛めるの。

「あぁぁ、ご主人様見て、見てください、
 自分でおっぱい苛めてるのぉっ!
 ご主人様にケツマンコ掘られてるのに、自分でもおっぱい苛めてるの。
 あぁ、アイはこんなに淫乱なんです! 」

『いいぞ、いいぞ、ど淫乱アイ。
 おまえが自分のを責めれなくなるほど犯したくなるぞ 』
 
ご主人様の腰の打ちつけが更に激しくなりました。
(私の淫らさがご主人様を興奮させてる、悦んでもらえてる。)

「あぁっ、いぃぃ、」

アナルが、その奥が焼けただれ蕩けんばかりの快感に、
全身が痺れ、胸から手が離れそうになる。
なんとか意識を強く持って胸を揉みしだいて叫ぶの。

「あぁぁ、感じるっ!」


《つづく》

N57_047rs.jpg
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する